木屋太、今河織物のblogです。御召や帯や日常の話を書いていきます。
コバルトブルーの御召が作りたくて

こんばんは、宗一郎です。

コバルトブルーの御召緯になります。

 

和の色ってほとんどが濁っているので、

綺麗な色を作るときは

色見本を探すのに苦労します。

糸染屋さんがいい仕事をしてくださっても

撚糸の回数や織組織によっては

イメージと異なる色になることもあります。

この御召緯の場合、

経色でどのような微調整を施すか考えています。

 

色々と作りたいものがあるのですが

週末からはインドネシア出張になります。

ご連絡をいただいても返事が遅くなります。

ご容赦ください。

ブーツで乾杯!

こんにちは、宗一郎です。

先日、銀座ライオンにて。

 

シンデレラの忘れ物ではなくブーツ型のグラスなのですが、

つま先が下に来るように飲まないと大変です!

 

来週末は再びインドネシアへInacraftへの参加になります。

忙しくて準備が出来ていない…。

気持ちだけが焦ります。

葉柄の帯

こんにちは、宗一郎です。

新柄の帯、これから仕立てになります。

 

5月は珍しく出張があります。

関東方面でお会いする機会もあるかもしれません。

品揃えがどうなることか…。

京都にいる間にせっせと作ります。

青い生きもの図鑑

こんばんは、宗一郎です

ため息が出るくらい青い本

 

秋にはコバルトブルーの御召を作る予定。

どうやって色を作ろうかな。

そうそう、それまでに

七三の色分けの縞の新色も準備しています。

約3年ぶりの新色を2配色製作予定です

ようやく作ってみたい色のイメージがわいてきました。

糸染が始まっています。いい色になるかな。

 

今夜は作業中の息抜きに書いてみたblogです。

Selah Sue の"Reason"を聴きながら。

好みはわかれるだろうけど捻くれたR&Bで面白い。

お気に入りの鞄

こんばんは、宗一郎です。

いつおろすか悩んでいる鞄、着物の時にも持つ予定。

取っ手まわりのディティールに惚れてしまった。

 

本日お会いした小売店さんは

製品をお見せすると私の想いも理解していただけました。

こんなこと滅多にないので驚き、そして有難い。

確かに言葉よりも行動の方がわかりやすいよね。

得したいって思うから言葉が強くなる。

本日のご縁に感謝しております。

 

今夜のblogも纏まらない。

セレクトショップとトータルコーデについて考える。

「選択」には何事においても責任が付きまとう。

「高い選択力」は「ブランド力」にもなる。

 

TUXEDOの"TUXEDO2"を聴きながら

80年代っぽいけれどこってり感はなく、

もっとオシャレであっさり。

気に入っているけれど少々物足りない。

角帯

こんばんは、宗一郎です。

新作の角帯、次は落ち着いた色で製作予定。

 

多くのお話をいただき感謝しております。

上半期は私や弊社のギリギリでやってみます。

当然、新しい物も製作中です。

幾つかは夏までに見ていただける予定。

 

Prince"Pop Life(Fresh Dance Mix)"を聴きながら。

「絶対、相対」を使った文章を作ってみる

こんばんは、宗一郎です。

DIESELとETROのブック。

 

黙々と働き、悶々と考える時間が欲しい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【絶対的価値と相対的価値】

お金自身は絶対的な価値だけれども、

物やサービスは人によって変わる相対的な価値です。

買物をするときに蘊蓄や他人の評価を気にしすぎると

自分にとっての価値まで見失ってしまう。

 

デザインや感触というのは感覚だからこそ

自分の価値に近い部分。蘊蓄や他人の評価より大事だと思う。

(技術はデザインや感触や機能を体現するためにある)

 

お気に入りを伝聞の蘊蓄と他人の評価を除いて紹介できるかな

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

色々とあり、とりとめもなく考え事を…。

今夜も長文を書いたり消したりしながら。

"Tokyo Lights 2 (東京電燈其二)"を聴きながら。

私用コートのスケッチ

こんばんは、宗一郎です。

製作中の私用のコートのスケッチ。

書いてくださったのも実物のパターンも

右下のお名前通りのキュートな方です。

 

既に持っていた物をベースに

色々と変更とアイデアを加えて製作中です。

嬉しい予感にドキドキしています。

 

ボタンと裏地は過去のblogで紹介済み。

表地の紹介をそのうちしますね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水曜日はコート製作を協力していただいている方々と

火曜日は業界の若い友人と楽しく話させていただきました。

【ファッションとキモノ】

【作らざるを得ない者】

とりとめのないように広がっても

細い一本の糸のように繋がっていく話。

 

 

 

経継ぎの様子

こんばんは、宗一郎です。

経継ぎの直後、次に継節を筬に通して、

少し織って細かいチェックをします。

 

約4000本の経糸を一本ずつ結んでいきます。

地味に大変なお仕事です。

一本ぐらい間違えちゃうこともたまにあるのは御愛嬌。

西陣には様々な職人さんがいらっしゃいます。

これから職人さんが減っていく中、

優れた職人さんをどう育てていくのか…難しい。

 

珍しく今夜のブログは3時間経っても進まない。

結果、全然違う話にしました。

まぁそんな夜もたまにはあるのだろう。

明日からは次の物づくり。

こんばんは、宗一郎です。

お気に入りの帽子でおでかけ。

 

1週間の木屋太展を、ご来展いただいた

愛好家、業界の方、有難うございました。

今回は単品よりもコーディネート優先の展示でした。

皆様は楽しんでいただけたでしょうか。

 

明日からは次の物作りが続いていきます。

プロとしてプロらしい物作りを続けていきたい。

キモノにもっとたくさんの選択肢が現れて欲しいな。

 

週末は読書をしたけど、少々消化不良。

映画館で過ごすでもよかったかな。