木屋太、今河織物のblogです。御召や帯や日常の話を書いていきます。
単衣のコーディネート その1?

こんにちは、宗一郎です。

御召 「立枠砂粒」

袋帯 「ミレニアムドーム」

 

コーディネートを作るとき「色を大事にしているな」

と感じてもらえるように心掛けています。

 

実はこの写真を見ながら

「うちにしては大人しいな…」

と思っているのですが皆様は如何でしょうか?

Purple Rain (DELUXE-EXPANDED EDITION)を聴きながら

こんばんは、宗一郎です。

"Purple Rain (DELUXE-EXPANDED EDITION)"

DISCのデザインも新しくなって嬉しいけど、

CDの写真って…時代が古く感じるな。

 

本日発売4枚組なのでまだ聴き込めてません。

1枚目:Purple Rainリマスター

2枚目:秘蔵音源

3枚目:シングルバージョン・シングルB面

4枚目:LIVEDVD

コレクターズアイテムと言われればその通り。

大ヒットの1枚目

実験的要素が剥き出しな2枚目

遠慮なく演奏している3枚目

通して聴くには体力がいります。

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ヒットを追いかけると供給物は収斂・平均化され、

製品も業界も成長が鈍化する。

それは市場からの期待を失う事であり、

業界のやわらかな死を招くことになる。

「そんなに単純ではない」

「賢明なファンや業界人に救われる」

そんな風に思う方もいらっしゃるだろう。

 

実際に音楽業界もアパレル業界も崩壊の切欠は

「マーケティングによる小売現場の平均化」

「ヒット重視の拡大再生産」

「お客様は神様だ主義」

だと消費者として感じてきた。

情報は渋滞気味で消費者の興味はうつろいやすい。

 

こんなことが私が消費者として感じたこと。

加速装置としてのインターネットへの危機感。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

新しい音楽(界)を提示し続けようとしたPrince。

私が彼のファンだからでもあるのだろう。

ささやかでも新しい物作りを続けたいな。

糸を干しながら

こんにちは、宗一郎です。

色の確認中。

 

糸の色は糸の太さはもちろんですが、

精練や撚糸によっても見え方は異なります。

また糸一本と束ねた時でも異なります。

太陽光の下と蛍光灯の下で見え方が変わります。

更には染織堅牢度の問題もあります。

この辺りは糸染屋さんとのお話。

 

先週は糸屋さんと糸染屋さんと織屋さんと

物作りに関してお話する時間がありました。

多くのスペシャリストに恵まれて本当にありがたい。

playkimonoを終えて

こんにちは、宗一郎です。

見落とされた方も多かったのが

playkimono木屋太ブースの裏側の様子。

 

大勢の方にお越しいただき有難うございました。

皆様のキモノへの愛情や想いを伺いながら

楽しく充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

展示方法、各種イベントも凝っており、

また「池田重子コレクション」も併催され、

関西の和装イベントでは最大級のように思います。

今回の参加で感じることはたくさんあり、

「高級お洒落着」という弊社のコンセプトを

多くの方に理解いただけたことは嬉しいことでした。

 

弊社の参加は13日まででしたが、

playkimonoは19日までの開催となっております。

明日からplaykimono始まります

こんばんは、宗一郎です。

阪急電車「大宮駅」

 

本日は阪急うめだ本店でのplaykimonoの陳列でした。

6時からのレセプションにも参加したかったのですが、

陳列後は即帰社、そして職人的作業です。

恐らく西陣でも弊社しか行っていない技術であるため、

スタッフの入院に伴い、やり方はわかっている物の、

ひたすら経験して身につけるしか方法がありません。

 

慣れない私が作業をすることで

優秀な職人さんを待たせてしまっているのが現状です。

製造現場の皆様、すみません。

 

playkimono期間中は宗一郎か真代は会場にいます。

コーディネートの相談から職人さんのお話まで、

気軽にお尋ねください。

阪急うめだ本店「play kimono」

こんばんは、宗一郎です。

棚卸の際には糸の整理も行います。

 

最近は糸と奮闘しており、ひたすら残業です。

おかげで色々と気づきます。

1つ教わった時に1つ学ぶのか2つ学ぶのか3つ…。

貪欲に学び気づかなくては先人に近づくことも出来ません。

そうやって西陣という産地は技術を研鑽してきました。

その積み重ねをもって今年は西陣呼称550年であります。

550年の進化は何を生みだすのだろう?

 

下画像は阪急うめだ本店で6/7〜6/19に行われる

play kimonoのロゴになります。

木屋太も6/7〜6/13の期間に出展いたします。

宜しければお越しください。

2時過ぎ、今夜は小さな音で

Earth Wind & Fire "After the love has gone"

を聴きながら。

 

 

G-SHOCKを購入。

こんばんは宗一郎です。

まさかのG-SHOCK。

 

昨年末から時計を探していました。

・ワールドタイム

・ソーラー

・ガシガシ使える

G-SHOCKというと私には

オーバースペックで武骨過ぎるイメージでしたが、

望んでいる条件で気になるデザインの物をサイトで発見。

なかなか実物を見る機会がなかったのですが、

偶然家電量販店で出会いました。

電波ソーラー、ワールドタイム。

要は、国内でも海外でも電池交換も時刻合わせもなし。

時計を気にせず手も洗っちゃう。何ならお風呂にだって…。

今回はデザイン優先じゃないから細部は追及しないです。

 

写真の背景に赤いベルベット系を用意しましたが

赤を入れると時計がカッコ良くなったような気に…。

 

5月は体調を崩して始まり、

仕事は多岐にわたり、毎日がイレギュラーでした。

ギリギリまで仕事をして、不測の事態に備えてすぐに寝る。

現在は職人見習いとして絶賛修行中だったりします。

この経験は1年後や2年後には何かの形で、

新しい表現力になると思います。

 

今宵はNulbarichのEP”Who we are”を聴きながら。

相変わらずうまいなぁ。

ライブはもっと攻めてほしいな。

新色の七三縞御召

こんばんは、宗一郎です。

縞経の御召の新色。

 

着物、羽織、コート、男性、女性、

どう使ってもカッコイイんじゃないかな?

過飾でも奇抜でもなく私にとっての王道。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

blogで紹介している西陣織アンソロジー、

7軒の織元でインドネシアで展示会を行いました。

各社が製作したバティックをモチーフとした製品を

現在、きもの鶴さんのご厚意により

鶴さんのお店で見ていただくことが出来ます。

 

各社のバティックへのアプローチの違いは

アンソロジー(競作)という言葉が相応しいです。

「どれを着たいかな?」という目線もいいですが、

各社の違いを見てみるのも面白いですよ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

今宵はTHE YELLOW MONKEYのロザーナを聴きながら。

過去のイエモンに有った狂おしいほどの「情と欲」

それが枯れてきて何が見れるんだろう。

インドネシアにて「イスティクラル・モスク」

こんばんは、宗一郎です。

インドネシアで観光したイスティクラル・モスク

 

とにかくおっきい!

東南アジア最大とか世界最大級とか…。

写真の天井のドームは直系45mだとか。

宇宙船の入り口を見上げるとこんな気分かもしれません。

天井と壁のほとんどがステンレス製なのですが、

ガイドさん曰く

「錆びにくいステンレスがいいので日本製になった」との事

(錆びやすいステンレスってどの国製…)

さて、ネットで調べると12万人収容って書いてあります。

ガイドさんと話していると

一年で最も多いときは20万人が訪れるそうです。

(男性でも短パンでの入場はできません)

 

ジャカルタでの観光は2日間でした。

イスティクラル・モスク

タマン・ミニ・インドネシア

独立記念塔モナス
国立博物館
ほとんどはホテルと会場への往復の毎日でした。
イナクラフトの様子も報告しますね。
2017/5、今週の製品

こんにちは、宗一郎です。

今週織った、帯、着物、コート地

 

キモノの着姿のシルエットを美しいと思った時に

「懐古主義のキモノ」「アンチ○○のキモノ」

ではなく素直に今のキモノを作れると思いました。

ネガティブでもなく、独りよがりでもない

そんな物作りを続けることは難しいかもしれませんが、

今週は完成に向かう製品に触れつつ、

「優しい気持ちで作れているな」と思えました。

幸せな仕事が出来ていることに感謝。