木屋太、今河織物のblogです。御召や帯や日常の話を書いていきます。
「絶対、相対」を使った文章を作ってみる

こんばんは、宗一郎です。

DIESELとETROのブック。

 

黙々と働き、悶々と考える時間が欲しい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【絶対的価値と相対的価値】

お金自身は絶対的な価値だけれども、

物やサービスは人によって変わる相対的な価値です。

買物をするときに蘊蓄や他人の評価を気にしすぎると

自分にとっての価値まで見失ってしまう。

 

デザインや感触というのは感覚だからこそ

自分の価値に近い部分。蘊蓄や他人の評価より大事だと思う。

(技術はデザインや感触や機能を体現するためにある)

 

お気に入りを伝聞の蘊蓄と他人の評価を除いて紹介できるかな

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

色々とあり、とりとめもなく考え事を…。

今夜も長文を書いたり消したりしながら。

"Tokyo Lights 2 (東京電燈其二)"を聴きながら。

私用コートのスケッチ

こんばんは、宗一郎です。

製作中の私用のコートのスケッチ。

書いてくださったのも実物のパターンも

右下のお名前通りのキュートな方です。

 

既に持っていた物をベースに

色々と変更とアイデアを加えて製作中です。

嬉しい予感にドキドキしています。

 

ボタンと裏地は過去のblogで紹介済み。

表地の紹介をそのうちしますね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水曜日はコート製作を協力していただいている方々と

火曜日は業界の若い友人と楽しく話させていただきました。

【ファッションとキモノ】

【作らざるを得ない者】

とりとめのないように広がっても

細い一本の糸のように繋がっていく話。

 

 

 

経継ぎの様子

こんばんは、宗一郎です。

経継ぎの直後、次に継節を筬に通して、

少し織って細かいチェックをします。

 

約4000本の経糸を一本ずつ結んでいきます。

地味に大変なお仕事です。

一本ぐらい間違えちゃうこともたまにあるのは御愛嬌。

西陣には様々な職人さんがいらっしゃいます。

これから職人さんが減っていく中、

優れた職人さんをどう育てていくのか…難しい。

 

珍しく今夜のブログは3時間経っても進まない。

結果、全然違う話にしました。

まぁそんな夜もたまにはあるのだろう。

明日からは次の物づくり。

こんばんは、宗一郎です。

お気に入りの帽子でおでかけ。

 

1週間の木屋太展を、ご来展いただいた

愛好家、業界の方、有難うございました。

今回は単品よりもコーディネート優先の展示でした。

皆様は楽しんでいただけたでしょうか。

 

明日からは次の物作りが続いていきます。

プロとしてプロらしい物作りを続けていきたい。

キモノにもっとたくさんの選択肢が現れて欲しいな。

 

週末は読書をしたけど、少々消化不良。

映画館で過ごすでもよかったかな。

ご来展、有難うございました

こんばんは、宗一郎です。

今回の展示、色を抑えた唯一のご提案。

 

土曜日、日曜日とキモノ愛好家様向けの展示も終わりました。

月曜日からは展示に変更を加え、流通様向けに行っています。

 

ご来展の愛好家の方々、有難うございました。

楽しんでいただいた様子は物づくりへの励みになります。

またお会いする機会を楽しみにしております。

人生初の羽織

こんばんは、宗一郎です。

この週末に着るフクレ織の羽織。

 

自分用に仕立てた初めての羽織でした。

何年振りかに袖に手を通すのですが、

私の身長と相まって迫力があるので着物は大人しく…

 

木屋太展初日の土曜日は

色々と盛り上がり、随分と話し込んでしまい…

皆様、貴重なお時間をいただき有難うございました。

 

今回の展示はあまり悩まされることなく、

着物と帯の合わせ方、展示の順番が自然と決まりました。

どのコーディネートも木屋太らしく楽しいです。

 

展示方法など、皆様のご意見も聞かせてください。

では日曜日もお待ちしております。

桜柄の御召

こんばんは、宗一郎です。

今回は桜を使った春のコーディネート

 

縫取り御召、アップで見るとこんな感じです。

 

歌舞伎座地下の蘭蝶さんでは、

定期的に新しいコーディネートを見ていただけます。

 

木屋太展のご案内

こんにちは、宗一郎です。

濃鼠色の「大輪花」になります。

コートや羽織でも楽しんで使っていただけます。

 

木屋太展のご案内

一般の方

【日時】2月25日(土)、2月26日(日) 10時〜16時

【場所】今河織物

流通・小売店の方

【日時】2月27日〜3月3日

【場所】今河織物

 

一般の方へ向けては

「着物を楽しむ1日になればいいな」と思っています。

気軽にお越しください。

帯締めの新色

こんばんは、宗一郎です。

帯締めの新色。

 

【イベントのご案内】

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

阪急梅田本店 11F きもの売場

2月8日(水)→2月14日(火)

 

10日(金)14時〜私が色のお話をいたします。

11日(土)14時〜真代がコーディネートの話をいたします。

*20分程度の予定をしています。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

2月は逃げると言うけれど、まだ3日目!

早くもおいてけぼり?全力疾走です!

 

土岐麻子の新譜[PINK]を聴きながら。

シティポップって聴き込んでないのですが

街の当事者だったり、傍観者だったり、俯瞰で眺めていたり、

それぞれだけど彼女は優しく寄り添う。

CMの女王って言われたころより今の方が好きです。

イメージをするということ

こんばんは、宗一郎です。

今度、繊維業界誌に出す広告のデザイン。

一般の方に見ていただく機会はないかもしれません。

こういうデザインも家族の協力があって出来上がります。

 

 

「イメージをする」=「思い描く」

キモノでも広告でも料理でも

音楽でもスポーツでも週末のデートでも

イメージをしながら完成(答え)へと向かいます。

 

もっと壮大な話にするなら

イメージするという行為が

猿を木から降ろして、

手に道具を与え、

火を扱うようになったと思うのです。

朝起きて一日を思い描くでもいい。

1年後の自分を思い描くでもいい。

「イメージすること」=「進歩の可能性」かもしれません。